西宮敬愛会病院について

  • 敬愛会グループの系列病院について(別サイト)

HOME > 各部のご紹介:診療部

各部のご紹介:診療部

当院は、阪急西宮北口駅南に位置し、間近に兵庫県立芸術文化センターや西宮ガーデンズがあります。近隣の急性期医療機関の後方医療の役割を担う「回復期リハビリテーション・入院透析・医療療養型」病院で、一般外来診察は行っておりません。診療部は常勤医8名と非常勤医数名が担当しております。

透析(同時透析29床)は、通院ではなく入院透析を専門とし、入院期間は長期・短期を問わず透析が可能で、非透析日にはリハビリテーションを提供しております。また、回復期リハ入院患者様の維持透析も行っております。

回復期リハビリテーション(51床)は、施設基準は回復期リハビリテーション病棟1、脳血管疾患等リハビリテーション料(I)、運動器リハビリテーション料(I)を算定。通常の設備に加え、日常生活動作シミュレーター、歩行練習用免荷システム、生活動作練習用屋上ウッドデッキを備えています。

療養病棟(180床)は、広々としたデイルーム・浴室、年間を通じて24時間空調されたお部屋で、多職種が協働し、患者さま・ご家族さまのニーズに応えるべく「心と生活を支える癒しの環境」を提供させて頂いております。診療機器はCTスキャナー、心、腹部エコー等を備えています。

医師の紹介

太田 稔明(おおた としあき)

西宮敬愛会病院 院長


神戸大学 医学部 外科

昭和52年

患者様の入院生活を支援していきます    

守殿 貞夫(かみどの さだを)

西宮敬愛会病院名誉院長、神戸大学名誉教授、神戸赤十字病院顧問


神戸大学 医学部 泌尿器科学教室

昭和41年

泌尿器科、尿路悪性腫瘍学、尿路感染症学、人工透析

日本泌尿器科学会、日本透析医学会、ICD、日本癌治療学会、日本感染症学会、
日本化学療法学会、日本環境感染学会、日本性感染症学会、日本生殖医学会

神戸赤十字病院院長

星田 徹(ほしだ とおる)

西宮敬愛会病院 顧問


奈良県立医科大学脳神経外科

昭和52年

日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本てんかん学会専門医・指導医、
日本臨床神経生理学会認定医脳波分野、第14回回復期リハ病棟専従医師研修会受講終了

患者さんが取り組むリハビリテーションをチーム医療でサポートします。

国立病院機構奈良医療センター 院長

木村 敬三(きむら けいぞう)

医療療養病棟 診療部長


京都大学医学部第一外科

昭和50年

患者様、家族様の希望されるように、当院でできる限りの医療を提供したいと思います

浦川 潤(うらかわ じゅん)

回復期リハビリテーション病棟
診療部長


滋賀医科大学整形外科

昭和63年

日本整形外科学会、日本整形外科学会運動器リハビリテーション専門医、日本リハビリテーション学会

患者様にとって一番身近な存在になれるように心がけています。

鮫島 厚一(さめしま ひろかず)

医療療養病棟 診療部長


兵庫医科大学 第二内科

平成8年

日本内科学会

敬愛会病院療養型病棟・回復期リハビリテーション病棟において、地域医療に貢献できるよう努めてまいります。

加藤 洋(かとう ひろし)

医療療養病棟


京都大学 医学部(神戸市立中央市民病院)

昭和46年

内科学、循環器科

日本内科学会、日本循環器科学会   

神戸市立西神戸医療センター 院長

衣田 誠克(きぬた まさかつ)

回復期リハビリテーション病棟


大阪大学 医学部 消化器外科(旧 第二外科)

昭和53年

日本外科学会(指導医・専門医)、日本食道学会 特別会員、日本消化器外科学会 指導医(終身)、日本臨床外科学会 評議員、第20回 回復期リハビリテーション病棟専従医師研修会 修了

患者さんに寄り添い、頼りにされるような存在をめざします。

市立吹田市民病院 総長

佐藤 美晴(さとう よしはる)

回復期リハビリテーション病棟


神戸大学 医学部 第一外科(消化器外科)

昭和46年

外科学一般・消化器科・健診

日本外科学会(指導医・専門医)
日本消化器科学会(指導医)
日本人間ドック学会(認定医)   

回復期リハビリに励んでいただけるようにサポートします。

(財)甲南会 甲南加古川病院 院長

大塚 美里(おおつか みさと)

透析室(非常勤)


兵庫医科大学 循環器内科

平成11年

日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本超音波学会、日本心エコー図学会、日本腎臓病学会、日本医師会認定産業医

羽間 稔(はざま みのる)

透析室(非常勤)


神戸大学 医学部 泌尿器科

昭和52年

日本泌尿器科学会

非常勤で月・水曜日の透析、病棟管理を担当しています。

前のページへこのページの上へ


CopyRight (C) NISHINOMIYA KEIAIKAI HOSPITAL All Rights Reserved.