• 敬愛会グループの系列病院について(別サイト)

HOME > 医療関係者の方へ

医療関係者の方へ

当院は、阪急西宮北口駅南に位置し、間近に兵庫県立芸術文化センターや西宮ガーデンズがあります。近隣の急性期医療機関の後方医療の役割を担う「回復期リハビリテーション・入院透析・医療療養型」病院で、一般外来診察は行っておりません。診療部は常勤医6名と非常勤医数名が担当しております。

透析(同時透析29床)は、通院ではなく入院透析を専門とし、入院期間は長期・短期を問わず透析が可能で、非透析日にはリハビリテーションを提供しております。また、回復期リハ入院患者様の維持透析も行っております。

回復期リハビリテーション(病棟51床)は、施設基準は回復期リハビリテーション病棟2、脳血管疾患等リハビリテーション料(I)、運動器リハビリテーション料(I)を算定。通常の設備に加え、日常生活動作シミュレーター、歩行練習用免荷システム、生活動作練習用屋上ウッドデッキを備えています。

療養病棟(180床)は、広々としたデイルーム・浴室、年間を通じて24時間空調されたお部屋で、多職種が協働し、患者さま・ご家族さまのニーズに応えるべく「心と生活を支える癒しの環境」を提供させて頂いております。診療機器はCTスキャナー、心、腹部エコー等を備えています。

院長の紹介

守殿 貞夫(かみどの さだを)

法人理事兼西宮敬愛会病院院長、神戸大学名誉教授、神戸赤十字病院顧問
神戸大学医学部泌尿器科教室
昭和41年
泌尿器科、尿路悪性腫瘍学、尿路感染症学
日本透析医学会(指導医)、日本泌尿器科学会(専門医)、ICD、日本癌治療学会、日本感染症学会、日本化学療法学会、日本環境感染学会、日本性感染症学会、日本生殖医学会
神戸赤十字病院院長

前のページへこのページの上へ


CopyRight (C) NISHINOMIYA KEIAIKAI HOSPITAL All Rights Reserved.