患者さん・ご家族の方へ

  • 敬愛会グループの系列病院について(別サイト)

HOME > 患者さま・ご家族の方へ > 回復期リハビリテーション病棟のご案内 > 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの急性期治療、手術後の患者さまに対して、日常生活能力の向上による寝たきりの防止や社会復帰、家庭復帰を目指し、集中的にリハビリテーションを行っていく病棟です。

病気や怪我で、生活する能力が低下した患者さまが、安心して生活を送っていただくために、自分らしい生活のさまざまな因子に対するリハビリテーションを専門スタッフとともに取り組んでいただきます。

自分らしい生活の図:回復期リハビリテーション病棟とは

対象となる疾患とその期間

疾患 入院可能な
状態
入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術後の状態または義肢装着訓練を要する状態 発症または
術後2ケ月
150日以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷の発症または手術後 発症または
術後2ケ月
180日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折または2肢以上の多発骨折の発症または手術後 発症または
術後2ケ月
90日以内
外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 発症または
術後2ケ月
90日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靭帯損傷後の状態 発症または
術後1ケ月
60日以内
股関節または膝関節の置換術後の状態 発症または
術後1ケ月
90日以内

入院可能な状態の期間内に入院していただき、発症または術後の日より上記の入院期間を限度として、目標を定め、リハビリテーションを行います。

チームアプローチ

急性期の治療や手術を終えた患者さまに多職種が協働し、残存機能の改善、日常生活の自立、家庭復帰などを考え、患者さまやご家族とともに協議し、退院後も安心して日常生活が送っていただけるようチームで支援いたします。
また患者さまの状態に応じ、必要な時期に必要な医療スタッフが関わらせていただきます。
例えば・・・。
脳梗塞で入院されてすぐの状態の場合です。 お食事を飲み込む時も、少しムセ気味の患者さまの場合は、患者さまの回復に必要な言語聴覚士や摂食嚥下のケアを行うことができる看護師が直接生活の場面に携わらせていただきます。

西宮敬愛会病院 回復期リハビリテーション病棟のチームアプローチシステム

医療・看護・介護が一体となったチームアプローチシステム

医師はチームのリーダーとして、治療方針の決定と必要な診療を行います。
リハビリスタッフは、365日リハビリの実施と1日最大3時間までの個別リハビリを行い1日も早い家庭や社会への生活復帰を目指します。
看護・介護職員は24時間患者さまの生活をサポートさせていただけるように心がけております。合併症の予防に努め安定した状態でリハビリテーションが進められるよう適切な援助を行い、家庭復帰、自立に向けて進まれる患者さま、ご家族のお気持ちに寄り添い、ともに悩み、ともに喜びあいながら看護・介護をさせていただきます。
医療ソーシャルワーカーは患者さまやご家族の方々が抱えておられる不安や社会生活上の問題(経済面や社会復帰の事など)の解決に向けて一緒に考えさせていただきます。介護保険や利用可能な各種サービスの紹介・説明などを行い、他の専門職と協力して在宅に向けたお手伝いをさせていただきます。

前のページへこのページの上へ


CopyRight (C) NISHINOMIYA KEIAIKAI HOSPITAL All Rights Reserved.